施術者紹介

 

 

山城 憲司(ヤマシロ ケンジ)

 

一般社団法人 日本カイロプラクティック徒手医学会 正会員

https://jsccnet.org/

 

一般社団法人 オーソモレキュラー栄養医学研究所 認定ONE

(オーソモレキュラー・ニュートリション・エキスパート)
https://www.orthomolecular.jp/

 

 

1995年
ARCカイロプラクティック学院にて、フルスパインテクニックを学ぶ。
1998年〜2009年
同学院のスタッフを務める。
1999年〜2003年
杏林予防医学研究所(所長:山田豊文氏)にて「分子栄養学」を学ぶ。
(主に解毒を中止とした栄養学的アプローチ)
2000年
大阪府堺市深井にて、カイロプラクティックオフィスを開設。
同年、毛髪分析システムによる栄養アドバイスもはじめる。
2007年
現在地に移転。
2009年〜
小倉毅DC(米国アクティベーター社公認インストラクター)のセミナーに参加。
現在も臨床のサロンに出席。
2021年
一般社団法人オーソモレキュラー栄養医学研究所のアドバイザーーの認定を受ける。
ONE(オーソモレキュラー・ニュートリション・エキスパート)

 

 

●カイロプラクティックとの出会い

わたしは、23歳のとき、交通事故に遭い、それから8年間、頭痛やふらつき、首の痛み、吐き気など、1日中スッキリしない毎日を送っていました。
その間、色んな整骨院、整体、マッサージ、整形外科のリハビリテーションなどに通いましたが、なかなか納得の行く施術を受けることができませんでした。
もう一生このままかなと落胆していたんですが、知人から紹介されたカイロプラクティックの施術を受けたところ、劇的に改善したんです。
そして、自分もカイロプラクティックの勉強をしたいと思い、カイロプラクティックの学校に通いはじめ、5年後に現在のオフィスを開設。

 

 

●オーソモレキュラー栄養療法との出会い

わたしの妻は、結婚前に、ネフローゼという腎臓の病気になり、入退院を繰り返していましたが、いっこうに改善する気配がなく、通常の医療機関だけでなく、電気治療、食事療法などを試してみましたが、それでもまったく状況は変わらないままでした。
それから結婚後、妻の体調は悪いままで、どうしたら良いのか分からないまま時間が過ぎていきました。
そして、あるきっかけで、分子整合栄養医学を研究している先生と出会うことがあり、それまで聞いたこともない栄養に関するお話をたくさんしていただきました。
それまでは、わたし自身、食に関してはお腹がいっぱいになればいいという考えでいたんですが、その先生の言う通りに実行したところ、妻の体調が5か月で良くなりました。
それは良い意味でショックでした。
彼女は、約6年間苦しんでいたのが、たった5か月で体調が良くなったんです。
カイロプラクティックオフィスを開設する前だったんですが、栄養面のアドバイスもできればと、その先生の研究所に通い、栄養の勉強をしました。

 

 

■二つの予防医学

カイロプラクティック、オーソモレキュラー栄養療法は、一見まったく異なる世界に感じますが、その歴史は少し似たところがあります。
先人がその技術や理論を広めようとしていた当時、「骨を矯正して体調が良くなるわけがない!」「栄養で病気が治るなんてあり得ない!」など、非難が耐えなかったようです。
しかし、徐々にその実績が認められるようになり、現在では、その効果を実感する方も増えてきました。
この二つの予防医学が、もっともっと広まることを切に願っています。

 

 

 

 

 

 

ケニーカイロプラクティック

大阪府堺市中区平井25-2

TEL:072-201-8240

 

●受付時間

10:00〜13:00、15:00〜20:00

●休業日

木曜日、日曜日

●駐車場

オフィス前にあります。