頭痛の原因

頭痛とは非常に厄介なもので、少しでも頭痛を感じてしまうと、気になって仕事や家事がスムーズにこなせなくなったり、ひどくなるとイライラして人に優しくなれなかったり、何も手につかなくなったりします。
あなたは頭痛になったとき、今までどんな方法で解決しようとしてましたか?

 

・病院で診察してもらって薬をもらう。
・お風呂にゆっくり入る。
・マッサージ屋さんに行く。
・体操やストレッチをしてみる。
・好きな趣味を楽しんで気を紛らわす。

 

これらはすべて対症療法といって、一時的に頭痛をおさえるだけで、本当の頭痛の原因を解消しているわけではありません。
医療機関で検査しても特に異常がなかったという頭痛の本当の原因は「首の骨の歪み」が原因である可能性があります。

 

 

●頭痛の種類

頭痛の種類には、「一次性頭痛」、「二次性頭痛」があり、一次性頭痛は内的な問題がない頭痛、二次性頭痛は内的な問題がひそんでる頭痛に分かれます。

 

一次性頭痛

<片頭痛>

特に側頭部に出現しますが、何か脈を打つかのようなズキンとくる痛みがあります。一般的には過労やストレス性、悪天候(低気圧など)が原因とされています。
しかし、過労、ストレス、天候は原因ではなく、片頭痛を起こす起因になっているだけで、根本的な原因とは言えません。

 

<緊張性頭痛>

主に後頭部周辺に起こる頭痛で、一般的には長時間の緊張などで、首周りの血行が悪くなって、頭痛が起こるとされています。
でも、内的な問題がない場合、血行が悪くなって頭痛は起こすことはありません。首周りの筋肉の緊張が根本的な原因です。

 

<群発性頭痛>

一次性頭痛の中で一番少ない頭痛で、目の奥がギューっと痛くなるのが特徴ですが、これは脳内の血管が拡張して視神経を圧迫するからという説があります。
目の奥の痛みも、内的な問題がない場合、血管や血流等の問題ではなく、神経のトラブルによって群発性頭痛は起こってしまいます。

 

二次性頭痛

脳内の血管のトラブル、あるいは腫瘍ができて脳を圧迫することで起こる頭痛で、うまくしゃべれない、手足の麻痺やしびれなど、頭痛以外にも前兆があり、命にも関わることが多い頭痛です。
二次性頭痛の疑いがある場合は、早急に医療機関を受診してください。

 

●頭部を支配する神経

人間の頭の表面には、三叉神経、耳介側頭神経、大後頭神経、小後頭神経がありますが、頭蓋骨や首の骨が歪むことによって、その神経に刺激が入ってしまいます。すると、その神経に沿って痛みが発生します。

 

 

 

また、頭蓋骨や首の歪みは頭痛だけではなく、脳から出ている色んな神経に悪影響を及ぼすため、吐き気、胃の痛みや食欲不振、体全体がだるいなど、生活に支障がでる体のトラブルも起こしてしまいます。
一般的に、頭痛の原因はストレスや長時間の緊張、そして脳内の血行不良が原因とされていますが、それは頭痛を起こす起因にはなっていますが、根本的な原因ではありません。

 

 

●頭痛の好発部位

頭部の表皮を支配している神経の支配区域は、ほぼ決まっており、クライアントさんが訴える頭痛の部位から、どの神経のトラブルかを判断することができます。

 

 

 

頭痛の好発部位は、3か所に分かれており、一番多いのは後頭部、その次が側頭部、前頭部で、頚椎と後頭部の複雑な歪みを矯正することで頭痛が解消します。

 

頭痛は、頚椎や後頭部が歪んでいるサインです。これは同時に体幹全体が歪んでいるサインでもあるため、放置しているとその他の諸症状を誘発させてしまう場合があります。

 

 

 

日常的に頭蓋骨や首の骨の歪みがあり、それにストレスや緊張といった起因が付加されて頭痛が起こってしまいます。

 

人間の体はストレスがかかっても、長時間の緊張を余儀なくされても、それだけでは頭痛は起こしません。また脳内の血行不良も関係ありません。
一次性頭痛においては、明らかに頭蓋骨や首の骨の歪みが大きな原因になっています。

 

しかし、一次性頭痛か二次性頭痛かを自己判断するのは危険なので、まずはどんな頭痛でも一度は医療機関を受診することをおすすめします。

 

医療機関で特に異常がなかった場合、一度ケニーカイロプラクティックにご相談下さい。

 

 

 

 

ケニーカイロプラクティック

大阪府堺市中区平井25-2

TEL:072-201-8240

 

●受付時間

10:00〜13:00、15:00〜20:00

●休業日

木曜日、日曜日

●駐車場

オフィス前にあります。