めまいはなぜ起こるの?

 

突然クラクラして立ってられない、景色が回転してるように見えるなど、あなたはどんなパターンのめまいでお悩みですか?

 

めまいは、脳の問題や他の病気の場合でも起こりますが、病院で異常がないと言われた場合は、首の骨の歪みが原因かも知れません。

 

人間は常に平衡感覚を保とうとする機能をもっていますが、首の骨の歪みで平衡感覚を保つ神経に異常をきたしてしまいます。

 

平衡感覚を保つ神経にトラブルを起してしまうと、脳に正しい情報を伝わらなくなり、めまいという現象を起こしてしまいます。

 

めまいというのは、脳には非常にストレスで、ときには吐き気や記憶機能の乱れが起こり、めまいだけですまない場合もあります。

 

めまいの原因はこれ?

一般的に、ストレスや過労、ビタミンB群の栄養不足、お酒の飲みすぎ、血行不良などが原因とされていますが、人間の体はそんなに軟弱にはできていません。

 

これらが原因で日常生活に支障をきたすほどのめまいは起こすことはなく、これらはただの起因に過ぎません。

 

 

ストレス?

人間は、ストレスから体を守る機能が備わっており、そう簡単にはストレスだけでめまいを起こすことはありません。ストレスから体を守る機能が低下しているときにストレスが起因になって、めまいやその他の体調不良を起こします。

 

ビタミンB群の栄養不足?

ビタミンB12は神経の代謝を促進すると言われていますが、通常ビタミンB12は腸内細菌により作られて肝臓で蓄えられるため、不足することはありません。

 

お酒の飲みすぎ?

確かに、お酒を飲み過ぎると血中のアルコール濃度が上がって、酸素や栄養を脳に十分に供給できなくなって、ふらつくことはありますが、一般的に言われているめまいとは関係ありません。

 

血行不良?

人間は常に脳が体全体の調子を管理していて、体循環を一定に保とうとしています。

 

めまいがするほどの血行不良を起してるとしたら、それはすでに脳自体に病気などが潜んでいる可能性があります。

 

めまいの本当の原因は・・・

耳の奥には、「半規管」と呼ばれる場所があり、ここが平衡感覚を保つために非常に重要になってきます。

 

その半規管からの情報を各運動神経に連絡して、倒れかかったら体を起こすといった動作を可能にしています。

 

 

 

その連絡を行っているのが「前庭神経」という神経なんですが、この神経は脳の下部にある「延髄」というところにつながっています。

 

また、それ以外にも目や皮膚から外部の情報を脳に伝え、人間は安定した生活を送ることができています。

 

しかし、後頭部や首の骨の歪みによって、この一連の情報伝達ができなくなったとき、自分が今どんな状態なのかが把握できずに、体を一定に保つことができなくなり、めまいを起してしまいます。

 

内的な問題がないめまいの本当の原因は後頭部や首の骨の歪みです!

 

 

めまいは脳の問題やその他の内的なトラブルが無い場合は命に関わることはありませんが、放置しているとその他の体のトラブルも誘発します。

 

あなたがもし、現在めまいで苦しんでるのであれば、根本の原因となる骨の歪みをきちんと矯正して、体の機能をリセットすることで楽しい日常生活を取り戻すことができるかも知れません。

 

しかし、脳内腫瘍、脳梗塞、脳内出血、極度の高血圧、その他の病変によるめまいもありますので、一度医療機関を受診することをおすすめします。

 

医療機関で特別な病変がないと診断された場合は、一度ケニーカイロプラクティックにご相談下さい。

当オフィスのご案内



頭痛・めまい・自律神経のトラブル専門オフィス
ケニーカイロプラクティック
大阪府堺市中区平井25-2 
TEL:072-201-8240

●受付時間
10:00〜13:00、15:00〜20:00
●休業日
木曜日、日曜日
●駐車場
あり

 

「友達追加」で当オフィスからのお知らせや健康に関する情報が受け取れます。

体調不良で悩んでいる友達に当サイトのURLをLINEで送れます!

「いいね」を押して、友達の中で体調不良で困っている人たちを助けてあげて!