自律神経って何?

 

自律神経とは、生命活動をするうえで大切な体の機能のすべてを自分の意志とは別のところで24時間活動してくれている神経のことを言います。

 

起きているときには、内臓や各器官を活発に動かしてくれたり、寝ているときは壊れた細胞を新しい細胞に入れ替えてくれたり、また怪我や病気なったとき、これらを治してくれるのが自律神経です。

 

例えば、あなたは心臓を数秒止めることができますか?1秒でもご自身の意思で止めることはできないと思います。これが自律神経です。

 

自律神経の経路

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の二つに分かれ、交感神経は体を活性させる機能をもっており、副交感神経は体をリラックスさせたり、体を修復させる役目を担っています。

 

 

 

交感神経は、脳の一番下にある「延髄」から伸びて背骨の中の脊柱管という管状の中を通っている「脊髄神経」から骨と骨の間より枝分かれし、各臓器や器官へとつながっており、また、延髄の下部から直接各臓器や器官につながっている「迷走神経」が副交感神経にあたります。

 

交感神経も副交感神経も脳が管理しており、常に体を監視し、一定の体調を保とうとしているんですが、後頭部や首の骨の歪みによってその機能が正常に働かなくなるとたちまち体調不良を引き起こしてしまいます。

 

自律神経が乱れると・・・

自律神経が乱れると、病気とは言えないまでも、体が正常な状態でなくなるために、実にいろんな体調不良を誘発します。

 

 

胃の自律神経が乱れて胃の動きが悪い場合、食事をしたあと、いつまでも食べ物が胃に残ったままで、一般的にいう胃のもたれ、膨満感を感じますし、胃酸の過剰分泌を起こしているときは、空腹時に胃酸が胃壁にダメージを与えるため胃痛を起します。

 

血流には横隔膜という筋肉のポンプ作用が重要ですが、その横隔膜を動かしている神経に乱れが起こると血流が悪くなるため、血流を正常にしようと心臓がいつもよりも多く動くため、動悸を起します。

 

また、暑いところから寒いところ、寒いところから暑いところに移動する場合、気温5℃差で自律神経が乱れやすくなるため、日頃から自律神経のバランスが悪かった場合日常生活に差し支える体調不良を起こします。

 

女性には、更年期という時期がありますが、これはホルモンバランスの崩れで自律神経が乱れることから起こるとされていますが、これは逆で、自律神経の乱れがあるとホルモンバランスの変化やその他の体調の変化を調整することができずに体調を崩してしまいます。

 

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」のバランスがとても大切ですが、このバランスが乱れたとき、体を常に一定に保とうとする機能が低下し、体調不良を引き起こしてしまいます。

 

自律神経が乱れる大きな原因のひとつに後頭部や首の骨の歪みがあります。

 

骨の歪みをとるメンテナンスを常日頃から心がけることで、自律神経の大きな乱れを起こすことがなくなります。

 

自律神経の乱れは、いろんな体調不良を引き起こしますが、それだけではなく、精神的にも悪影響を及ぼすこともあります。

当オフィスのご案内



頭痛・めまい・自律神経のトラブル専門オフィス
ケニーカイロプラクティック
大阪府堺市中区平井25-2 
TEL:072-201-8240

●受付時間
10:00〜13:00、15:00〜20:00
●休業日
木曜日、日曜日
●駐車場
あり

 

「友達追加」で当オフィスからのお知らせや健康に関する情報が受け取れます。

体調不良で悩んでいる友達に当サイトのURLをLINEで送れます!

「いいね」を押して、友達の中で体調不良で困っている人たちを助けてあげて!